風俗店の選び方

絶対行くな!必ず失敗する風俗店に共通する6つの特徴と解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対行くな!必ず後悔する風俗店に共通する6つの特徴と解決法

ぼったぐられることなく安心して風俗店で遊ぶには下調べが重要だ。

風俗店で安全に安心して、しかも可愛い女の子と満足できるプレイができなければ、その日の為に頑張って仕事をしてきたことが全部ムダに終わる。

あなたが風俗店選びで失敗してしまう事を防ぐために役立ててほしい。

そこで、今回は絶対に行ってはいけない危険な風俗店の共通点とその解決策をご紹介する。

一期一会の風俗嬢との出会いを楽しむために

それでは、安全に楽しくプレイできる風俗店選びの秘訣をお伝えするわけだが、その前にはじめに言っておかなければならない事が一つある。

それは、風俗遊びとは社会勉強であり、授業料は決して安くはないと言うことだ!

これを心得ておくと、初回フリー入店しても『後悔への免疫』がすでにできているので社会勉強できたと素直に捉えることが出来る。

バブル経済の真っただ中で風俗遊びをした人なら、みんな痛い経験をたくさんしてきたと思うのだが … 。

まだお若い方で風俗遊びに最近興味が沸いたばかりの方はピンと来ないかもしれない。

女遊びは男の甲斐性とか、芸の肥やしとか言われているが … 。

粋に遊ぶならケチ臭いことを言わず、一期一会の出会いを思う存分楽しんでみるべきだ。

はじめて足を運ぶ風俗店は下調べが重要

一期一会の出会いを楽しむべきと言ったが、だからと言って下調べもせず、遊び方も知らないで、飛び込みで突入するのだけは絶対危険なのでやめておこう。

何故なら頭文字に「ヤ」の付くサービス業の方たちが関係する『ぼったぐり店 』 が暗躍しており被害が絶えないからだ。

このような店に入るととんでもない金額を請求されるだけでなく、恐怖体験を味わう事になりかねない。

以上の事を踏まえた上で、風俗遊びで失敗をしない為の、豆知識を今からお伝えする。

一番キモとなる考え方は女の子は『商品』であると言う事だ。人である前に『商品』だと言う事を大前提にしよう。この考え方は人の道としておかしいと思われるだろうが … 。

あくまでもあなたが安心して満足できる事が大前提だから、女の子に対して無意味な優しさは命取りとなる事は絶対忘れないで欲しい。

総額いくらなのか電話で尋ねるだけで従業員の品質が見えてくる

そこで風俗遊びの大原則、総額いくらになるのかを電話であらかじめ尋ねておこう。ここで見えてくることは電話の応対の仕方から教育ができているかがわかる。

録音機能を使って会話内容をすべて記録しておくことをおススメする。無礼な対応をするフロント従業員ならすぐSNS拡散だ!そうすると一か月も経たないうちに潰れるだろう。

それくらい従業員教育はシビアに行っていくべきなのだ。今風俗業界は変わろうとしているし、変わろうとしない店なんぞ行くべきではない。

筆者は関西にある『リッチドール』と言う店舗型のヘルスに良く行くが、ここの従業員はいつ行っても本当に気持ちがイイ。かれこれ30年は続いているのではないだろうか?

このような善良店なら総額いくらになるのかを尋ねるだけで事細かくサービス内容を教えてくれる。そうでないお店なら即効であなたの心が委縮し嫌な思いがこみ上げてくるのですぐにわかる。

重要なのはあなたの心が『嫌な感じ』と受け止めたら絶対に行かないことである。この段階であなたの波動とお店の波動にズレが生じてしまっているので満足できるわけがない。

HP上では可能だったプレイを女の子に拒否されたら

ホームページ上では『●●プレイ可能』と記載されていても、そのプレイは出来ませんと女の子にNGを出される場合がある。

これはホームページの情報が古く店側の管理が徹底されていない為だ。●●プレーがしたいからお金を払うのにそれが出来ないなら金返せと言いたくなる。

なので絶対にしたいプレイや女の子への条件がある時は、フロントに電話で確認しておく必要がある。

案外忘れがちなのが喫煙する女の子の口臭だ。タバコを吸う嬢の口臭は間違いなく臭いため出来るなら敬遠した方が良い。

なので●●プレー可能で尚且つタバコを吸わない女の子と遊びたいときっちり伝えておこう。

クレジットカード決済が出来ない風俗店は行くな!

風俗店は社会的信用が低く、資金力の無い小さな店ではクレジットカードが使えないケースが多い。

言い換えればクレジットカード決済を導入している風俗店は組織的に運営されており、資金力の面でも、社会的信用の面でもそれなりの評価がされている証拠となる。

なのでクレジットカード決済が出来ない風俗店は、クレカ決済が出来る店に比べると様々な面で注意深く調べる必要がある。

こう言う風俗店の多くは風俗情報サイトでは紹介されていないケースが多いのである意味わかりやすい。

HPの無い風俗店には絶対行くな!

ホームページがなかったり 『ぴゅあらば』 『風俗口コミ情報局』『風俗情報eyes』『シティヘブン』と言ったメディアに掲載されていない無店舗型のヘルスや風俗店は絶対に行ってはいけない。

何故ならメディアに掲載される為には「営業開始届出書」を公安委員会(警察署)に提出した証拠として「届出確認書」が必要となるからだ。

「届出確認書」が無いと言う事は無許可営業、つまり反社会的組織と密接につながっているリスクが高い。

またホームページが無いと言う事は反社会的組織とは無関係だとしても、資金力の無さが垣間見れる。

資金力の無い風俗店の特徴として、教育がまったく出来ておらず、フロント業務のお兄さんを含め嬢の接客はふてぶてしく、やる気の無さを表に出し、ひどい場合は逆切れすると言うケースもある。

筆者は逆切れされたフロントの野郎と激しく喧嘩になったこともあった。

しかしこれはたまたま運が良かっただけで、北海道ススキノでは軟禁され6万円もボラれた経験もある。

それと単なる根拠の無い主観だが、一店舗しかないオープン間もない風俗店は控えるべきだと考えている。

何故なら人手不足を補うため商品にならないようなどうにもならないデブスを採用している事が多いからだ。

HPがあり、大手の風俗情報サイトから紹介されている風俗店ならひとまず安心と言ったところだ。次にどんな内容を調べると良いのかについてお伝えしよう。

口コミで悪評しかない風俗店にはいくな

『ぴゅあらば』 『 諭吉で風俗!! 』のクチコミ情報に目を通して悪評ばかりの風俗店は間違いなく行ってはいけない。

大手の『ぴゅあらば』や『 諭吉で風俗!! 』 で掲載されている口コミ情報は個人的に凄く信憑性があると考えている。

そんな情報サイトの口コミをじっくり見ていると悪評しか書かれていないところも中にはあるわけだ。またその逆で全く口コミが無い風俗店もある。

やはり安定した満足度を味わいたいのなら口コミ件数が一定数あり、料金も高すぎず安過ぎずの人気店を選ぶのが一般的な考え方である。

そして何よりも重要なことは事前に電話をしてお気に入りの子の出勤状況の確認や予約を行うことが賢明である。

HPの更新がない風俗店には行くな

人気のある風俗店の場合、嬢の写真が更新されたり、新人が追加されたりするのだが、そのような更新が見られない風俗店は嬢が圧倒的に不足状態になっている、もしくは資金力不足と推測される。

嬢の数が少ないと当然のことながら待ち時間が長くなるし、嬢自身が疲弊している為満足のいくサービスを受けられないリスクが高い。

これは嬢のスケジュール確認の電話を入れることである程度までは推測可能だ。気になる女の子のスケジュールもしくは、今すぐ案内可能な人数や時間を二度電話で時間を空けて聞いてみてほしい。

その時間はほんの数分後でも良いし、30分後でも大丈夫だ。最初の回答と異なる内容の返答がくれば間違いなく行ってはいけない店だ。何故ならフロント店員の全体を観る力が無いことから教育ができていない事が伺えるからだ。

フロントやトイレが汚い風俗店には行くな

また資金力不足だろうと推測される風俗店の場合、衛生面にも手をかけておらずずさんなケースが多い。不衛生極まりない臭いおしぼりを出され散々な目に遭ったことがある。

資金不足、もしくはやる気の無い店舗と言うのはフロント、トイレの掃除がいきわたらず汚く臭いのですぐにわかる。 このような汚いトイレの店に限って性病予防への徹底 がされておらず性病罹患率が高いので注意が必要だ。

基本的に風俗店のホームページで謳われている性病検査の実行の有無は信ぴょう性が低いと考えておこう。

仮にホームページ上で性病検査を実施していると謳ってる場合でもトイレを見ればウソかどうかが一目瞭然である。衛生面に気を配る店ならばトイレも抜群に美しいはずだ。

風俗店で感染しやすい性病はB型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・性器クラミジア・性器淋菌(淋病)・トリコモナス・カンジダ・咽頭クラミジア・咽頭淋菌が挙げられる。

ちなみに最近流行の性病と言えば梅毒だが、もっと厄介なのは肝炎かもしれない。一生治らない薬漬けの日々が待ち構えていると言うリスクを決して忘れてはならないのだ。それくらい風俗店選びでは衛生面を気にしてほしい。

チェンジ・キャンセル不可の風俗店はじっくり調べ上げるべし

パネル写真で選ぶ店舗型の風俗店で「チェンジ可能」な店は聞いたことがないが、派遣型のデリヘルなんかは「チェンジ可能」なところも存在する。

ここで重要なことはチェンジ料、キャンセル料の有無、金額をしっかりと調べておくことが大切だ。風俗店のホームページ上でチェンジやキャンセルに関する説明が不明瞭な場合、敬遠した方が無難である。

最近の店はチェンジできないところが多いのが事実であるが、それは取り揃えている嬢がハイクラスな高級店なら理解できる。

ところが激安店でチェンジ不可と書かれているなら大前提は地雷覚悟で臨むべしと言ったところだ。はじめっから期待せず玉砕覚悟で行くなら問題はないが期待して行くなら確率は50%だと言う事をわすれずに。

パネルマジックの落とし穴

風俗店の商品陳列ケースとも言えるパネル写真の多くは騙し、いわゆるパネルマジックと言われている。Photoshopなどの画像編集ソフトでいとも簡単にブスやデブが可愛い女の子に仕上がるわけだ。

これは店舗内のパネルに限らずホームページ上の写真も同じことが言える。

それは当然の事で、ファミレスのメニューと何ら変わらない。商品をいかに美味しそうに見せるかがメニューの役目なのだ。

ただファミレスでサーロインステーキを注文したのにカレーが出てきた時は店員に注文したものと違うことを伝えればすぐに対応してくれる。

ところがチェンジ・キャンセル不可の風俗店となると大半の店が筋道立ててクレームを言っても通じない。下調べが十分できていない事で招く悲劇であるが、社会勉強だと思って諦めよう。

いろんなサイトで『パネルマジックの見破り方』のような記事を散見するのだが、残念ながらこれは写真加工技術とのいたちごっこである。

つまり見破るのではなく、パネルマジックは大前提として考えておこう。

風俗とは騙されて当たり前な世界なのだ。『男と女の騙し合い』を粋に遊ぶ方が賢明だし、なにより男の甲斐性だと言えないだろうか?

パネルマジックへの対策

そこでパネルマジック対策として絶対ルールをお伝えしよう。初めて利用する風俗店に入店後、パネル指名してイメージとかけ離れた嬢が登場した場合、チェンジ可能かをフロントではじめに質問しておくのだ。 これは残念ながらほとんどの場合、店舗型ではチェンジ不可能となっている 。

又デリバリー型のヘルスも事前に電話でチェンジ可能かチェックしておこう。もしもチェンジできるのであればお気に入りの嬢が登場するまで何度でもチェンジすればいい。

その為にも別途料金発生の有無の確認だけはしておこう。それはデリバリー型の風俗では『振替』をこっそり行う悪質な店もあるからだ。もっと悪質になると100%別人を派遣する振替店が存在するので注意が必要だ。

フロントや電話で必ず聞いておくべき項目

  • 総支払い合計金額はいくらなのか?
  • チェンジした場合追加料金があるのか?

最低限これだけは事前に電話でチェックしておく必要があるが、この作業を怠り後悔してもそれはあなたが怠慢だったから仕方がないので諦めよう。

初回フリーでは50%の確率で地雷を踏むと心得よ

チェンジが無理ならこれからお伝えするように粋に計らってみよう。

今から言うことは経験値が少ない人にとっては信じられない話だが、そこそこ場数を踏んできた人ならある程度理解できる内容だ。

思い出してみてほしい、友だち数人で風俗遊びに行き、店から出てきてそれぞれが報告をする事があると思うが、いつもハズレを引く人と、毎回良かったって当たりを引く人がいるはずだ。

始めていく風俗店で当たりを引く確率とハズレを引く確率は同じで、五分と五分なはずだ。にもかかわらず毎回当たりの人と、毎回ハズレの人がいるのはどうしてだろう?

これは普段から他人に対して感謝、敬意の気持ちを持っている利他主義の人と、自分の欲ばかり考えている利己主義の人の波動の違いなのだ。

『引き寄せの法則』と言う言葉を聞いたことがあるだろうか?詳しくは割愛するが簡単に言うと、あなたと同じ波動を持った人に自然に遭遇できると考えてもらって差し支えない。

要するにあなた自身が「デブ・ブスに当たったらどうしよう」なんて考えているうちは、デブやブスにあなたの気持ちがフォーカスしているので、間違いなくデブやブスを引き寄せてしまう。

それどころか、あなたの心の中でこんなブスと遊びたくないと言った気持ちが強ければ、女の子も同じ思いをしているため、容姿も悪けりゃ地雷サービスを引いちゃったって羽目になりかねない。

なので初めての風俗店では「不安」や「恐怖」の気持ちで挑むのではなく、「可愛い子がきっとくる」「凄く楽しめるはずだからリピートするぞ」そんな根拠の無い自信を持って、ワクワクしながら風俗店に入ってみてほしい。

『根拠のある自信ではないのか?』そうあなたに質問されそうだが、根拠のある自信と言うのは過去の体験のことであり、言い換えるとリピートしているようなもの。

始めていく風俗店でリピートはあり得ないわけで、同じ子をリピートすると言うのは風俗遊びとしては勿体ない気がする。同じ子をリピートしているうち恋愛の感情が入りこみ後で苦しくなってくるのでオススメできない。

この手のタイプがメディアを騒がせるストーカーと言う犯罪行為に及ぶのである。決して恋愛感情を持たない事が風俗遊びの大原則である。

もしワクワクしながら言ったのに、ガッカリだったらどうするんだって声も聞こえそうだが、それが風俗遊びなのだ。一期一会の出会いから風俗に対する考え方のステージが一つ一つ上がっていくことだろう。

風俗遊びで『気に入らない』からと いちいちクレームを言ったりする人がいるが、はっきり言って単に憂さ晴らしをしているだけのステージの低い、何事に対しても利己主義な人なのでそんな人と同じ思考を持たないことが大切だ。

今から風俗店で遊ぼうと考えているのなら、このようなステージの低い人たちは女の子からだけではなく世間からも嫌われると言う事を認識しておこう!

まとめ

絶対に行ってはならない風俗店とは以下の通りである。

  • クレジットカード決済のできない風俗店には行くな!
  • HPの無い風俗店には絶対行くな!
  • HPの更新がない風俗店には行くな!
  • フロントやトイレが汚い風俗店には行くな!
  • チェンジ・キャンセル不可の激安風俗店はじっくり調べ上げるべし!
  • パネルマジックは大前提として考えておこう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*